掘進機 | 標準 | 急曲線 | エントランスパッキン | 可とう | LVS | 大深度 | 礫対応 | 大口径 | 分割発進

 

標準タイプ(1段折れ)掘進機 外形図

標準タイプ(1段折れ)諸元表 

呼び径
(mm)
外径
a(mm)
全長
b(mm)
主管長
c(mm)
後続管長
d(mm)
残置長
f(mm)
排泥
口径
(mm)
カーブ
施工R
(m)
φ800 960 2700 1735 965 1885 170 20
φ900 1080 2800 1750 1050 1980 200 25
φ1000 1200 3000 1915 1085 2105 250 25
φ1100 1310 3200 2050 1150 2250 280 25
φ1200 1430 3535 2210 1325 2500 300 30
φ1350 1600 3950 2550 1400 2850 300 30
φ1500 1780 4000 2600 1400 2850 300 36
φ1650 1950 4100 2650 1450 2850 350 40
φ1800 2120 4150 2720 1430 2900 350 44
φ2000 2350 4300 3000 1500 3020 350 50
φ2200 2580 4500 3000 1500 3020 400 60
φ2400 2810 4600 3100 1500 3120 400 70
φ2600 3040 4600 3100 1500 3120 400 80

 

カッタートルクなどの性能に関しては、掘進機毎に変わりますので、提出します掘進機外形図を参照ください。

標準タイプ(1段折れ)掘進機は、おおよそ口径(m)の25倍程度の曲線を施工することができます。

 25倍よりも小さなRの曲線の場合は急曲線型をご検討ください。

エントランスパッキンは「フード部」「主管前方」「主管後方」「後続管前方」などに取り付けることができます。

 使用条件などに合わせて検討いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

可とう継ぎ手は、主管と後続管の呑み込み部に取り付け出来ます。こちらを参照ください。

推進距離が長い、地山の透水係数が高いなどの場合には、LVSシステムによるテールボイドの追加注入を検討ください。

土被りが深い、地下水圧が高い場合には、大深度対応型となります。

砂礫層、固結層などの場合には、高トルク型の礫対応掘進機を検討ください。

口径が2000mm以上の場合は、泥水・土圧型を選択することもできます。

分割発進は、主管・後続管で分割します。

仕様・管長などにつきましては、施工条件によって変更になることがありますので、提出します掘進機外形図を参照ください。

 

 

このページのトップへ戻る