掘進機 | 標準 | 急曲線 | エントランスパッキン | 可とう | LVS | 大深度 | 礫対応 | 大口径 | 分割発進

 

 内蔵エントランスパッキン

 

 エントランスパッキンは、従来、坑口に付いている物でしたが、掘進機外殻に最初から取り付け、空気圧で膨らませ、テールボイドの流出を防ぐようにしました。これにより、坑口の取り付けが困難な場合や、坑口だけでは止水が難しい場合に、有効に止水することが出来るようになりました。

 

  

  

内蔵エントランスパッキンは、フード部・主管前方・主管後方・後続管などに取り付けることができます。

 


フード+主管に取り付け

後続管に取り付け

主管に取り付け

 

 

このページのトップへ戻る