設備 | 標準設備 | 配置例 | 車載 | 電力 | 材料 | 注意事項

 

 空気圧系統

  コンプレッサー (5.5kW〜7.5kW 絶対に電源を切らないこと 受電設備直結が望ましい)

  エアーホース (19mm×20m)


 排泥系統

  排泥パイプ (5インチまたは6インチ×2.43mまたは推進管と同長さ)

  サクションホース (5インチまたは6インチ、立坑からタンク・ユニット間)

  排泥タンク (定置または縦型)

  排泥ノッチタンク (20m3程度)

  排泥ユニット (37kWまたは55kW)

  サイレンサー

  冷却水 (毎分13L以上必要)

  排泥タンク清掃用ハイウォッシャー


 送泥系統

  送泥プラント (500L×2系統)

  ストックミキサー (500Lまたは1000L×2系統)

  送泥ポンプ (1.5kW、2.2kW、3.7kW×2系統)

  送泥ホース (1インチ×20m 主=緑色、副=水色の2系統)

  分配器 (立坑下で使用する切り換え器)

  送泥材料 (粘土、増粘材、目詰材、水)


 可塑剤系統

  可塑剤プラント (200L×2種類 2系統のポンプ搭載 給水タンク搭載)

  可塑剤ホース (13mm×20m A剤=緑色、B剤=水色の2系統)

  材料 (A剤、B剤の2種類 水)


 元押し系統

  元押しユニット (22+11kW油圧ユニット)

  油圧ホース (19mm=行 12mm=帰)

  分流器 (上下左右調整用バルブブロック)

  元押しジャッキ (150ton三段ジャッキ 必要推力に合わせて本数決定)

  押し輪 (各管径・種類に合わせて選択)

  発進架台 (各管径・種類に合わせて選択)

  支圧壁 (各管径・予想推力に合わせて製作)

  坑口 (管径にあわせてリング、パッキン、押さえ板などを製作)

  バックリング止め (段取り変えの際に管を保持)


 操作系統

  操作盤 (掘進機に合わせて電気容量を選択)

  動力線 (小さい口径は38sq×RST3本、22kW-300m以上は60sq×RST3本、500m以上は100sq×RST3本)

  操作線 (100V、200V、多重線、マイク線、カメラ線、照明線)

  水盛りホース (19mm×25m)

  水盛りタンク (立坑側に設置)

  測量器具 (光波測距儀、トランシット、オートレベル、トラ台、基準点、下げ振り、ポケコンなど)

  カメラ (デジタルまたはフィルム 写真記録用)


 その他

  受電設備または発電機 (全設備と掘進機に必要な大きさ)

  分電盤 (設備用、掘進機用、非常用)

  水道設備・給水タンク (2m3以上が必要 排泥ユニット冷却、送泥・可塑剤用、清掃用など)

  立坑排水ポンプ (通常の排水を行うポンプ 必要な大きさ)

  立坑非常用ポンプ (大雨などの非常時に排水するポンプ 必要な大きさ)

  立坑内換気設備 (ダクトファン 鏡切り時に必要)

  立坑昇降設備 (階段、梯子、安全器具類)

  酸素・一酸化炭素・二酸化炭素・ガス検知器 (必要に応じて)

  ガス切断・溶接機 (設置解体の際に必要 安全対策が必須)

  発電・溶接機 (アーク溶接 設置時に必要 安全対策が必須)

  レバーブロック、ワイヤー類 (安全点検 安全対策が必須)

  工具類 (保管場所 安全対策が必須)

  休憩小屋、トイレなど (特に夏季・冬季は安全上必要)

 

 

このページのトップへ戻る