工法紹介 | 工法ビデオ | 広報資料集 | 工法に関する特許

ヒューム管推進工法は、掘進機外殻が鋼コンクリート合成管で出来ており、そのまま管として残置することができます。


掘進機外殻を回収するための回収立坑が不要で、回収時の交通障害やリスクが最小限にできます。


既設の人孔・マンホール・シールドなどの構造物にに直接到達することができ、工期を短縮できます。


地上の立地条件、既設埋設管の状況、交通状況により大きな回収立坑を構築できない場合でも、施工できます。


駆動部回収時に、管内では全く火気を使用しないため、安全に解体できます。


特許の内蔵エントランスパッキンを使用して、より安全に到達することができます。


大深度0.4MPaでも止水可能な特殊止水パッキンにより、大きな折れ角でも安全に曲がります。


止水パッキンに加え、可とう継ぎ手を使用して、耐震レベル2の可とう管としても使用できます。


外殻が短くでき、工事の線形に合わせた長距離・急曲線施工に対応できます。


 

このページのトップへ戻る